2009年03月30日

スピナビル@海雲寺アコースティックライブ 20090322

3月22日に地元出身シンガーソングライター・スピナビル氏による自身初のお寺ライブをやっていただきました。
昨年末に初めてお会いし、トントン拍子で日程が決まり、元旦には会場である私が副住職を務めさせていただいてる海雲寺に実際にお参りいただき開催が決定いたしました。僕の勝手な個人的なお願いに栗栗珈琲をはじめUTS SURFSHOP等が賛同してくださり当日は本当にすばらしい空間が生まれました。
DSC_0413.jpg
DSC_0407.jpg

お寺でやる意味を考え最初にお寺を守ってくださる本尊様に挨拶のご供養をし、その後親友でもあり、同じバイブスを持った型破りな僧侶・三重県の金蔵寺の副住職の糸川定伸師から説教をしていただきました。
僕が彼にお願いしたこと、仏教の基本中の基本である「手を合わせる(合掌)」について話してくれとお願いしました。彼はその要望にさらに手を加え、笑いのある説教にしてくれました。彼の説教を聞くのは初めてでしたが、坊さん仲間から「奴の説教はいいよ!」と聞いてただけあって最高でした。
DSC_0405.jpg
スピナビルさんのライブはまじ圧巻でした!とにかくお客さんの心を掴むのがうまい!!説教で凝った体をほぐすことからライブをはじめ、2曲目からすでに涙するお客さんもおられました。
2年前にはじめてビルさんの歌を聴き、どっぷりハマり、いつの頃からか「いつかビルさんに海雲寺でライブをしてほしい」と願ってきました。絶対お寺の雰囲気とビルさんの歌声、歌詞、メロディーはマッチするはずだと。
僕は初めの挨拶でビルさんのことを「音の布教師」と表現させていただきました。ビルさんの歌詞には表現が難しいけど人の心に届く何かがある。子供たちに対して歌った曲の歌詞に「いつか土に帰るその日まで」ってあります。普通子どもに対して「いつか死ぬんだよ」って事は言いにくいものです。けどその言葉にもやさしさがある。
今回本当に仲間に支えられました。無償で手伝ってくれた仲間、快く賛同してくれた業者の皆様、遠方よりお越しいただいたお客さん、地元の方々、海雲寺の住職、そして愛すべき人たち・・・本当にありがとうございました。
DSC_0415.jpg
DSC_0440.jpg

「咲顔(えがお)」がいっぱい咲いたことに感謝


が もうやりません。伝説だけ残して・・・(笑)

益田発ザイオン行き 俺だけバビロン行き
posted by タイキ at 14:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 大成功おめでとう
いい経験をしましたね、行けなくて残念でした。
タイキさんはとても良い仲間に囲まれて、
日々成長されている様ですね^0^
是非、次のライブには行きたいと思っています「もうやりません」などと言わず計画して下さい♪♪
Posted by ゆーこりん at 2009年03月30日 18:57
たぶん両親がぶっ倒れます(笑)父親なんて張り切りすぎたのか次の日肩で息してましたから冷や汗
またいい企画思い付いたらそんときやります手(パー)
Posted by タイキ at 2009年03月30日 20:11
私、参加出来なかったのでもう1度スピナビルのライブお願いします♪

その時は、お手伝いしますから☆

ファンシーショップで買った、赤い布テープが活躍してて嬉しい♪

これから色々な年代の方々が、神社仏閣に気軽に訪れて頂ける様に考えていきましょうね!
その意味では、今回のイベント大成功だったんじゃないですかね♪♪

Posted by まりお at 2009年03月31日 15:50
もうしません!!
今度はサポートに回ります!!俺はチキンじゃけ〜頭張っちゃいけんのよ。
クリさんにお願いしましょう!!
Posted by タイキ at 2009年04月01日 20:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116439432

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。